TROMBONE@ROCK!! official website

52b7767b.jpg

BAR モモコ

都会の喧騒から隔絶した廃墟ビルの一室にひっそりと佇むBARモモコ。平常休業。年中有休。
モモコママの気まぐれによって臨時開業。
週末ヒロイン☆モモコママも、店員の変態王子もトロンボーン吹きなのです。

自慢の2品をご用意いたしました。

★はみ出るくらい長く極太のソーセージ!
 一度食べたら病みつき!魅惑のホットドッグ

★味加減はいい加減?!
 ちょっぴり刺激的なスパイシーポテト

TROMBONE@ROCK!!だけの限定販売。
いつ食べるの?今でしょ!

畠山拓也(from SKA SKA CLUB/ ROCK'A'TRENCH)

中学からトロンボーンをはじめ、大学在学中にスカコアバンド「SKA SKA CLUB」を結成、自身のキャリアをスタート。

音楽とマンガ、タバコ、コーラをこよなく愛す。
大槻ケンヂ氏をリスペクト。

385428_154419037991461_1918869536_n.jpg385428_154419037991461_1918869536_n.jpg

すず奴(from たをやめオルケスタ/ suzumiki)

12月4日生まれ。好きなものはグミとすいかと猫。一言で言うと「女性ならではの面白さ」を追求するミュージシャン。大阪大学在学中、女子大生20名水着ビッグバンド「フェロモン共和国」を結成し、センセーションを巻き起こす。インディーズバンドbonjourで着物を着て吹き乱れる「お着物トロンボーン」で活躍。2005年、女の子に愛と勇気を♪管楽器界に革命を♪をモットーに、トロンボーンビキニギャルバンド「太ももサティスファクション」を結成。2007年、ELEKIBASSのサポートで台湾FORMOZ FESTIVAL'07に出演。また、米国ATHENS POP FESTIVAL'07に出演し、ダニエル・ジョンストンと共演。2008年、アコースティックの音楽シーンに殴り込むべく、コスプレトロンボーンとギターのデュオ「suzumiki」を結成。ライブ毎にコスプレを変えるのが信条。2009年、太ももサティスファクションで米国テキサス州オースティンSXSW2009(サウスバイサウスウエスト)に出演。

suzuyakko_cat.jpgsuzuyakko_cat.jpg

cigarette_jacket.jpegcigarette_jacket.jpeg

Zen Ra Arkestra

バンドではなく「組合」としているため、ライブの度に一部参加者が異なっていることがありますが、これも同じライブの内容と感じさせないための意図でありますが、各参加者の予定の関係もあったりします。

過去の参加者としては、元urb、元および現東京ブラススタイル、現SAKEROCK、元grooveline、元KEMURI、元DOMINO88、現ROCK'A'TRENCH などのバンドマンが参加、現在は若手のジャズミュージシャンやスタジオミュージシャンたちが出入りしております。

音楽性としてはニューオリンズのブラスバンドスタイルとジャズファンクとアフロビート、フリージャズの融合を目指しており、なおかつ高木のコンダクションにより即興的に楽曲のサウンドを変化させていますが、基本はやっていることはファンクミュージックです。管楽器を大勢参加させているが、いわゆる『ビッグバンド』ではなく黒人音楽特有の「ユニゾン」を強調した、野太いホーンサウンドを目指しております。

407582_373480772736340_1129084091_n.jpg407582_373480772736340_1129084091_n.jpg

YAPANI!

yapani_photo_400.jpgyapani_photo_400.jpg東京ブラスロックシーンを支えるインストロックバンド「Yapani!(ヤパニ!)」。男女混成の力強いバンドサウンドと華麗なステージング、緻密な楽曲を武器に、都内ライブハウスにて活躍中。FUJI ROCK FESTIVAL 2006のrookie-a-go-goステージに出演。これまでにマキシシングル・ミニアルバム・フルアルバムの3枚の音源をリリースし、いずれもTV・ラジオなど各メディアにて多数オンエア。ジャズ・ロック・ファンクなどジャンルにとらわれない攻撃的なサウンドで活躍中。TROMBONE@ROCK!!の記念すべき第1回オープニングアクト。前回に引き続き登場!!!

★iTunesジャズチャート1位獲得!
配信限定シングルも配信中!!

haishin_top_04.pnghaishin_top_04.png

beauty_200.pngbeauty_200.png

4538182235997.170x170-75.jpg4538182235997.170x170-75.jpg

yapani_sed.jpgyapani_sed.jpg

51xrKf1TOjL.jpg51xrKf1TOjL.jpg

51c-jv1qA8L._SL500_AA300_.jpg51c-jv1qA8L._SL500_AA300_.jpg

麻布の女 シーズン2

c0ff48ec.jpg勝手にしやがれのトロンボーン福島忍氏が歌い、ギターを弾くという自称フォーク&ブルーストリオからスタートし、TROMBONE@ROCK!!にて回を増すごとに世界観溢れるDUBバンドに変身!今回が最後になるとの噂。見逃すと一生後悔します。必聴必見!!!!!

メンバー:
・福島忍(tb/ 勝手にしやがれ)
・時田時蔵(tb/ The Blue donuts/ AFRO DIAMONDS)
・齋藤淳一郎(key/ 勝手にしやがれ/ The Blue donuts)
・まーちゃん(bass/ The Blue donuts/ AFRO DIAMONDS)
・サウジ(dr/ ex. 舞丹旅)

勝手にしやがれ
http://www.katteni-shiyagare.com/
AFRO DIAMONDS
http://www.afrodiamonds.com/

二人目のジャイナ

G.MASA
エンターテイメントボーカル。リーダー。ステージで歌い踊りジャイナサウンドで会場を包む。個性的なメンバーに翻弄されている。

G.hiroshi
腕利きギタリスト。最年少。でも冷静な若年寄。突然暴言を吐く。鮮烈なサウンドを奏でる。ドラムが目立つ時は前に立つ。

G.fukuo
様になるベーシスト。堅実なプレイ、誠実そうな外見。だがマイペース。煙草の前に準備をお願いする。写真に覇気が目標。

G.yoko-chin
屋台骨のドラマー。ジャイナを支える。狙ったコメントは間違いなく外し、ドラムの安定感と反比例している。ZENPUKU。

G.kou
華のあるパーカッショニスト。バンマス。音楽と美食を愛す。普段冷静。でもハプニング王。結果謝罪の達人。デジャイナー。

G.narry
クレバーな鍵盤弾き。多彩なアレンジ、そしてクレイジー。よく暴走。替え玉は少なめに、話は短めに。純理系。

G.yuta
ジーニアスなトランペッター。センスは皆が信頼。普段はニコニコ見守っているかと思えば基本「無」。たこ焼きマスター。

G.shinnosuke
パフォーマーなトロンボーン。全身で表現をする。そのため楽器を忘れていく。水中メガネの下の表現は誰にも伝わらない。

G.tomoya
セクシーなサックス。渋い見た目。中身はマスコット。ギャップ王。2012年の目標は「考えてものを喋る」いまだ未達成。

zyake111.jpgzyake111.jpg



1stbiruda-you.jpg1stbiruda-you.jpg

albumbiruda-you.jpgalbumbiruda-you.jpg

DVDzyake.jpgDVDzyake.jpg

willie's Custom Brass

willieslogo_l.gifwillieslogo_l.gif金管楽器のマウスピースメーカーは世界に数十社存在します。今日では手に取ることのできなくなってしまったメーカーも含めると、その数は膨大な数にのぼります。しかしこのマウスピースメーカーも『ビルダー(製作者)本人がトロンボーンプレイヤーである』という条件をつけた瞬間、ほんの数社に絞られてしまいます。そして世界的に有名なマウスピースビルダーのほとんどはトランペットプレイヤーであることにお気づきになられるでしょう。

そんな世界でも希少な『トロンボーンプレイヤーによるトロンボーンマウスピース』が2009年2月、日本で誕生しました。その名は willie's(ウィリーズ)製作者・中込昌仁の愛称“willie”から名付けられました。

30年に渡るトロンボーン奏者としての経験と、20年に及ぶレーシングマシン用ブレーキパーツなどをはじめとする精密旋盤作業の実績に基づいて製作されるマウスピースは「明るくニュートラルな音色」「口当たりがすばらしい」「息の通りが良く、さらに心地よい抵抗がある」「アタックが楽、力まずに吹ける」「とにかく吹きやすい。だから音楽に集中できる」と、発売以来多くのプレイヤーから高い評価を得ています。決してマウスピースからプレイヤーに何かを要求することなく、あくまでプレイヤーの身体の一部のようにありたい、共に音楽を奏で合える仲でありたい。すべての willie's マウスピースには、このコンセプトが息づいています。

APOLLO.jpgAPOLLO.jpgwillie's マウスピースは高精度な二次元輪郭測定器、CAD、CNC加工機から生み出されます。しかしながら測定したデータをそのままCNC加工機に投入してできあがりというわけではありません。まずそこにはプレイヤーとしての想い、夢、そして愛がふんだんに注ぎ込まれます。その上で出来上がったデザインを、ビルダーとしての経験、技、勘が寸分の狂いもなく形づくります。そうやって出来上がったマウスピースを再びプレイヤーとして評価して、初めて willie's マウスピースが誕生します。そして国内外のトップアーティストとのプレイヤー同士としての交流から、再び新たなモデルの開発が始まるのです。創作の世界に終わりはありません。常に前に向かって進むのみです。

willie's は単にマウスピースを作っているのではありません。willie's マウスピースから生み出される音、さらにその音たちが連なって奏でられる音楽そのものを創っています。そしてその音楽によってもたらされる大いなる感動、大いなる愛で世界はおろか全宇宙までもつつみこみたいのです。

willie's マウスピースは今日も新たな感動を生み出しています。1本のマウスピースとの出逢いをきっかけに、全く新しいイマジネーションが芽生えるのを感じていただけたなら、製作者としてこれ以上の喜びはありません。















willieslogo_l.gifwillieslogo_l.gif

dac_logo.gifdac_logo.gif

gakkiforkids_banner.pnggakkiforkids_banner.png